正規海外医薬品の通販検証 with pharmacy

インターネット通販できる海外医薬品の正規品を検証します。また到着保証など安心安全な通販サイトを探します

性病治療薬「レボフロックス」通販PHARMACY
現在、一般的に性病治療薬として使用されている先発医薬品(新薬)のクラビットは国内製薬メーカー大手5社の1つである第一三共が開発したレボフロキサシンを主成分としたニューキノロン系合成経口抗菌製剤です。

細菌(クラミジア・トラコマチスや淋菌)DNAの複製を妨げることにより殺菌する作用があります。

服用方法は100mgで1日2回で、200~500mgで1日1回の服用となっています。また服用期間は再発防止のため2週間以上の服用をおススメしています。

副作用は少ない医薬品ですが、万が一発疹や下痢が続く場合はお早めにお近くの病院にご相談ください。

注意点としましては、痙攣性の病気や心臓病・60歳以上・臓器移植・アキレス腱障害・腎臓病・妊婦・小児の方の使用はお控えいただき、使用したい場合は必ず病院で相談の上行ってください。また一部鎮痛剤や胃腸薬やステロイド薬との併用はお控えください。

販売価格が最安値でもクラビット250mg 10錠が4,000円となっています。

以上の説明を通販PHARMACYのスタッフ様に聞いて、お高いですねと言ってみると、「話は最後まで聞いてくださいね」と言われ、今一番広く性病治療薬として使われているのはクラビットのジェネリック医薬品だよって説明して頂きました。

2008年5月から後発医薬品(ジェネリック)メーカーから一斉にクラビットのジェネリック医薬品が販売され始め、クラビットと同じ主成分レボフロキサシンで、効果が同じなのに販売価格が安いということで一般的に使用されているとのことです。

またその中でも有名インドジェネリック製薬会社『シプラ社』が製造&販売しているクラビットジェネリック『レボフロックス』はクラビットの10分の1以下の販売価格で、今世界的にも一番人気のある性病治療薬とのことです。

いろいろ質問してすみませんでした。
にも関わらずご丁寧にお答えしてくれて通販 PHARMACY 様ありがとうございました(笑)

※上記画像は性病治療薬として現在一番有名な第一三共製薬会社の『クラビット』のジェネリック正規医薬品『レボフロックス 250mg』の画像です。

性病治療薬「レボフロックス」通販PHARMACY
淋病やクラミジアの性病を治療する性病治療薬として処方されるのは一般的に抗生物質&抗菌剤です。

1980年代前は「20世紀における偉大な発見」とされる抗生物質のペニシリンが性病治療薬としても広く使われ、それ以降は当時ワイス(現ファイザー)が開発した主成分ミノサイクリンとするミノマイシン(米ミノシン)やファイザーが開発した主成分アジスロマイシンとするジスロマックが主流となっていましたが、最近では国内製薬メーカー大手5社の1つである第一三共が開発した主成分レボフロキサシンとするクラビットが一般的に性病治療薬として処方されています。

以上が性病治療薬についての説明です。
これを踏まえて次回はクラビットについての調査報告をします。

フムフムって感じで教えてもらっていました。
通販 PHARMACY 様ご丁寧にありがとうございました(笑)

※上記画像は性病治療薬として現在一番有名な第一三共製薬会社の『クラビット』のジェネリック正規医薬品『レボフロックス 250mg』の画像です。

このページのトップヘ